11
1
3
4
6
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30
   

「隠し砦の三悪人」

私的に空前の大ブームになっている「忍びの国」。
すでに映画館に5回足を運んでおりますが、観れば観るほど思い出すのが2008年公開の、松本さん主演の「隠し砦の三悪人」。



本音を申しますと、松本さんが主演する作品の傾向があまり得意ではありません。
「東京タワー」「僕は妹に恋をする」はもう観るのも無理。
ドラマで言えば「花より男子」はデッドラインすれすれ、「きみはペット」「失恋ショコラティエ」はアウト。
松本さん主演で好きな作品は「バンビーノ!」と「隠し砦の三悪人」です。
「ラッキーセブン」と「99.9」も好きかな。



「隠し砦の三悪人」の公開時は「ビジュアルが汚い」「見た目ですでにあり得ない」とファンの間ですら色々言われた作品ですが、私はこの主人公の武蔵(たけぞう)を映画雑誌の表紙で見た瞬間に松本さんに堕ちました(笑)
なので、その年のアルバム「Time」の収録曲「Love Situation」のセリフ「チカヅキタイ」を聴くと今でも背中がゾワゾワして、「でへへへ...♡」となります。





前置きが長いですが。



とにかく「隠し砦の三悪人」が大好きだったんですが、DVD化されて購入した物を、元松潤担だった娘になくされたんです
傷をつけてしまって隠したのか、間違えて捨ててしまったのか、はたまた友達に又貸しして戻って来ないのか。
真相は未だに闇の中ですが、とにかくしばらく貸している間に紛失してしまったと。


「お前ふざけんなよ!」とも思いましたが、2008年と言えばドリアラ五大ドームツアーから初の国立コンサートが開催され、このあたりから嵐人気が一気に加速した事もあり、その波に埋もれて「隠し砦」の事は記憶の片隅に追いやられてしまいました。

たまに「観たいなぁ...」と思う事もあったけど、次々に発表されるシングルやらドラマやら映画やら。
テレビのレギュラー番組とか、それこそ新たなツアーやイベント等もあったので...まぁ、追いかけるのに必死で「隠し砦」どころじゃなかったんですよ。(語弊)




で、突然話が変わりますが、「忍びの国」。
大好きな「怪物くん」の監督という事もあり、もしかしたら嵐の出演映画最多の回数を映画館で観ているという。


何でしょうね。
戦国時代という背景のせいか、主人公の決して美しくはないビジュアルのせいか、「忍びの国」を見るたびに「隠し砦」を思い出して、観たくて観たくてたまらなくなり。
探せばあったりして~♪とヤフオクで検索したら。




あったんですぅー!!

しかもまさかの800円。


送料込みでも1,500円なので、これはもう全然OKでしょ!とポチりました。


本日到着したので数年ぶりに鑑賞したのですが。



やっぱり面白い!




そもそも、配役が私好み!


ヒロインの長澤まさみは...ちょっと置いときましょう。(嫌いではないけど)


メインが阿部寛、宮川大輔、椎名桔平。
他にも脇役で古田新太、ピエール瀧、生瀬勝久。
ミーハーにはたまらん配役ですな。



故黒澤明監督のオリジナル作品は観たことないんですが、オリジナルにはないキャラがまさかの主役・武蔵。
このキャラの無頼な感じ、意志の強さが「忍びの国」の無門に通じるんでしょうか。
(無門に「意志の強さ」はちょっと違うかもだけど)


潤さん得意分野?の恋愛体質キャラではなく、とにかく男臭い。
宮川大輔演じる相棒の新八とのやり取りも軽妙だし、阿部ちゃん演じる秋月家の家臣・六郎太とのやり取りも緊迫感があり。


じゃあ、ヒロインの雪姫とはどうなのよ?って事ですが。



これがもう!
notエロ潤(褒め言葉)なので、そのもどかしいことー!
それがまたたまらーん!
男っぽくてカッコいいー!




「忍びの国」にも共通する点ですが、「義とは?」「愛とは?」「信じるものは?」というのがテーマになっていると思います。
主題歌のフレーズにも使われている「裏切りご免」が劇中にも出てきて、スパイスになっています。


軽妙ながらも、ふとしたシーンであれこれ思いを馳せる作品です。





黒澤明監督の「隠し砦の三悪人」をモチーフにしたのが「STAR WARS」だというのは有名な話ですが、逆オマージュとして椎名桔平演じる高山の兜がダース・ベイダーみたいなデザインになっているのも「ほぉ~」と思うポイントです。



六郎太と高山のシーンでは、「忍びの国」の無門と平兵衛と同様、「お互いを認め合うには戦うしかない」という、男の美学というんでしょうか、この時代に生きる悲しさのようなものも感じました。




とは言っても!


スケールの大きいエンターテインメント作品なので、理屈なしに楽しめます!



綺麗な潤だけが「松本潤」じゃないぜぇ~??


関連記事
スポンサーサイト

No title

5回!?まずそれにびっくり!


はい。わたくしはまだ見ておりません
だって〜テレビすらたまりまくってるのに(;_;)

そして

やっぱり基本好みはあわないんだわねぇ。
私、潤ラブは君はペットからなので( ´∀`)
花男は何度も見てるからいいんだけど、久々に君ぺみたい!でも暇がない!まったくない!まだ翔ちゃん司会のあれも編集終わってない!今はせっせと溜まったしやがれの編集をしております(`・ω・´)
ナラタージュ公開までに終わるかしら?あ、きっとナラタージュ、ダメでしょ?

5回!?
映画館に同じ映画を5回も見に行くなんて、私の想像を遥かに越えてるわ~(((((((・・;)

私は映画館に行くこと自体が数年に一度あるかないかみたいなもんだし(^^;

そのバイタリティーに圧倒されるわ。

確かにこの映画、評判がいいよね。
面白そうだなとも思うけど、私が見るのは100円レンタル始まってからだろうなぁ(´・c_・`)

と言うか、次々と出てくるシングルのDVDもライブのブルーレイもまだ殆ど最初から最後まで通して見たこと無い!!

まずは、そっちをしっかり見たいわ。

Jの好み、ぼたん母さんとかんなさんは真逆なのね(^w^)
汚れJとイケメンJ,なかなか面白い捉え方だなぁって思いましたよ(^_-)
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる