FC2ブログ
   
06
5
6
7
8
9
11
12
14
17
24
26
27
28
29
30
   

「検察側の罪人」大ヒット御礼舞台挨拶・「聲の形」

私は評論家でもなく映画オタクというほどでもありませんが、映画を観るのは大好きです。
趣味も偏っており、あくまで主観となりますが感想を綴ろうと思います。






昨日(9/3)、ジャニ友と「検察側の罪人」大ヒット御礼舞台挨拶を観て来ました。
本会場のTOHO日比谷の抽選には外れたので、地元の映画館で生中継鑑賞です。




通常通り作品の上映後に主演の木村さん、二宮さんが2人だけで対談するという内容です。
大抵舞台挨拶というのは監督と出演者数人でやるものなので、主演2人だけというのはかなり貴重です。(制作サイド、グッジョブ!👍✨)
しかも「ネタバレあり(上映後だし)、あのシーンの謎についても激論!」みたいな謳い文句だったので、かなり期待していました。







木村さんのあのシーンについて話してくれるかな、ニノはあのシーンの事聞いてみたいけど話してくれるかな...とワクワクしていたのですが。







司会者「Twitterでたくさんのご質問を頂きました。まず最初の質問です。『 今、お互いに訊いてみたい事は何ですか?』」








はぁ??







なぜ今それを訊く?









そして2番目の質問。



『 お互いに入れ替わるとしたら何をしますか?』









はあ~っ??






雑誌を読め。






そして何故その質問をチョイスした?
これだけで10分も尺使って。制作サイド、アホなの?(評価急降下)







結局、作品の謎解明、2人の解釈等についてのトークはナシ。







それでも昨日の木村さんゲストの「ニノさん」を観た人がクスッと笑ってしまうようなネタも入れてくれましたけどね。


ニノが「僕の友達はそんなに頭良い人じゃないので『 あのシーンは〇〇だったね』じゃなくて、『 面白かったよー』しか言いませんでした(笑)」と、完全に相葉さんと思われる人物について語ってくれましたけどね。







うーん...もっと演じた時の心情とか聞きたかった...。
アンハッピーエンドの最後のシーンよりモヤモヤしましたよ。






特に記録に残すほどの内容じゃないんだけど、1人でモヤモヤするのが嫌なのでぶちまけてみました(^_^;)









モヤモヤすると言えば。




先日テレビで放送された「聲の形」。(公式サイト)


劇場で観るタイミングが合わなかったので、観てみたい作品でした。






しかし。








ずっと眉をしかめて首を傾げながら観ていました。





主人公の男の子が小学校6年生の時に転入してきた聴覚障害の女の子。
最初は暖かく迎え入れたものの、意思の疎通が難しいためクラスメイトは段々離れていく。
主人公の男の子は「キモイ」と言っていじめを繰り返す。
ある日、女の子の補聴器を取り上げて怪我をさせた事がきっかけで自分がいじめを受けるようになる。
寄り添おうとした女の子の優しさも拒絶。

そして5年後に2人は偶然再会する...。





テーマが見えてこない作品でした。
聴覚障害の女の子との交流を描きたかったのか、いじめ問題について問題提起したかったのか、家族の交流を描きたかったのか、思春期の難しさを描きたかったのか。



どれも中途半端に扱っているので、何も解決しないまま終わった感じです。



友達が「登場人物の誰にも共感できない」と言っていましたが、その一言に尽きる感じです。










そもそも根本的な問題として、全く聞こえない聴覚障害の子を普通教室に入れるなや。






何故あんなに話題になったのか分からない作品でした。


絵が綺麗なだけにもったいない作品でした。






モヤモヤが続いた2日間。(「検察側の罪人」は面白かったですよー)

明日はお口直しに何か好きな作品のDVDを観ようっと。


関連記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる